メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピアノ演奏会

小菅優 光と色「火」の物語 大阪

 ピアニストの小菅優がいずみホール(大阪市中央区)で、昨年から始めた自然の四元素をテーマにした演奏会シリーズ。昨年の「水」に続き、今年は「火」にまつわる作品を取り上げる。「映画を見ているような物語のある曲が多いので、音楽から広がる世界を想像してほしい」と語る。

 膨大な資料から「火」の曲を探し、プログラムを完成させるのにほぼ1年かかったという。前半は、レーガーの「暖炉のそばの夢」(抜粋)や、ファリャの「恋は魔術師」から「火祭りの踊り」など、人間に関係する火を表現する。

 後半は神秘的な世界に入っていく。スクリャービンの詩曲「炎に向かって」は晩年の作品で、「音楽から信じ…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです