メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

阪急と東急、創業者の目利き 大阪・逸翁美術館

 西の小林一三、東の五島慶太。昭和初期から半ばにかけて鉄道事業を中心に経済界を率いた両雄は、美術品収集にも情熱を傾けた。

 逸翁美術館(大阪府池田市)で開催中の「東西数寄者の審美眼-阪急・小林一三と東急・五島慶太のコレクション」展は、主に同美術館と五島美術館(東京・世田谷)が持つ2人の収集品を厳選。書画にやきもの、漆器などが並び合い、互いの価値を高め合っている。

 例えば重要文化財「佐竹本三十六歌仙絵」(鎌倉時代、展示は前期)。二巻本として伝わったが、大正時代に…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. ストーカー治療 元加害男性、通院で自覚「二度としない」
  5. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです