メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損賠訴訟

点滴が外れ死亡、遺族と病院和解 岐阜・賠償金1700万円

 岐阜県立多治見病院(同県多治見市)で昨年4月、点滴のチューブが外れ、入院していた70代の女性が失血死した事故で、遺族が病院に約3800万円の損害賠償を求めた訴訟は名古屋地裁で和解が成立した。病院が謝罪し、1700万円を支払う。和解は11日付。

 遺族側代理人は「遺族は賠償金よりも謝罪と再発防止を求め…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです