メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル」 「最期の迎え方」母を通し模索 /神奈川

 認知症の母親を自宅で介護する生活を題材にドキュメンタリー映画を撮る関口祐加監督(61)=横浜市中区=の新作「毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル」が県内でも公開される。今作がシリーズ3作目となる。母の老いを通して見えてきた「死」。今作では、海外の安楽死、自死ほう助など、「最期の迎え方」の選択肢を探った。タイトルには「人生のフィナーレ」という意味も込めた。作品への思いなどを聞いた。【聞き手・石塚淳子】

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1170文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです