メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

「原発とたたかうトルコの人々」 同大院生、3年かけ取材写真 59点「現地の声、伝えたい」 北区で /京都

トルコでの原発建設反対運動を紹介するミニ企画展と、主催者の森山拓也さん=京都市北区の立命館大平和ミュージアムで、南陽子撮影

 東京電力福島第1原発の事故後も日本政府が掲げる「原発輸出」により、建設計画が進むトルコで何が起きているのかを紹介するミニ企画展「原発とたたかうトルコの人々」が11日、立命館大国際平和ミュージアム(京都市北区)で始まった。同志社大大学院生の森山拓也さん(31)が2015年2月から3年余りかけて現地で原発反対運動を追い撮影した写真59点をはじめ、映像や解説パネルを展示している。30日まで。

 トルコでは1950年代から原発計画が模索され、いったんは中止の閣議決定がされたものの、2004年に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです