田んぼアート

ニッコリ 福知山に長野県の「アルクマ」 登山愛好家が制作 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
5種類の古代米で描かれた「アルクマ」=福知山市夜久野町直見で、佐藤孝治撮影
5種類の古代米で描かれた「アルクマ」=福知山市夜久野町直見で、佐藤孝治撮影

 福知山市夜久野町直見で、登山愛好家らの居母山(いもやま)クラブ(飯尾恒洋会長)が作った田んぼアートが見ごろを迎えている。あと1週間ぐらいが見栄えの良い時期だという。

 図柄は、長野県のPRキャラクター「アルクマ」。飯尾会長によると、昨秋にクラブ結成35周年記念で同県を旅した際に看板が目を引き、「クラブのシンボルも熊」と親しみを込めて決めた。6月上旬、大阪などから…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集