メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難所離れても不安 声掛け助け合い 倉敷・真備 /岡山

豪雨から2カ月たち、避難所には空いたスペースが目立ち始めた=岡山県倉敷市真備町地区の二万小体育館で2018年9月5日、平川義之撮影

 西日本豪雨から2カ月が過ぎた。復旧・復興に向けた動きが出つつあるが、県内では今も600人近くが避難所で暮らしている。

 西日本豪雨で地区の約3割が浸水した倉敷市真備町地区。被災者が身を寄せている避難所は、ぽっかりと空いたスペースが目立ち始めた。浸水を免れた自宅2階や「みなし仮設」の民間住宅に移り住み、避難所を出て行く人が増えているためだ。

 市立二万小学校も一時は260人が避難していたが、今は70人ほどが体育館で暮らす。スペースに余裕が生…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです