メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眼述記

脳出血と介護の日々/19 つらかった堂々巡り /福岡

イラスト=タカクラミエ

 同居人(夫)は2015年2月半ばくらいまでは時折、泣きそうな表情をするだけで、何を考えているのかはまったく分からなかった。だがそれを過ぎると、声を出して泣き叫ぶようになった。

 同じ頃、薬剤師さんが肝機能の数値の悪化に伴い薬を少し減らしたことを説明してくれた。その際に「感情を抑制する役目もある薬なので、何か変化があるかも」とは言われていた。薬で抑えていた感情が噴き出しているのだとすれば良い傾向だ、と私は考えた。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです