メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

不妊手術問題 聴覚障害4人が強制手術 県協会調査で判明 /佐賀

 旧優生保護法下での障害者らへの不妊手術問題で、県内の聴覚障害者4人が強制手術を受けていたことが県聴覚障害者協会の調査で分かった。県内で手術した個人が特定されるのは初めて。

 県の資料では、126件とされる手術のうち86件は同意がなかった。今回判明したうちの2人は強制手術の記録がない1970年代に手術…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです