メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年/上(その1) 米ピスタチオ投資熱 あふれる緩和マネー

収穫期を迎え、鈴なりになったピスタチオ畑を案内する生産担当者のダビン・アビリスさん=米西部カリフォルニア州フレズノ近郊で2018年8月31日、清水憲司撮影

 約700ヘクタールの広大な農地に、黄色の実を鈴なりにつけた42万本の樹木が並ぶ。8月末、米西部カリフォルニア州フレズノ近郊にあるピスタチオ農場は収穫期を迎えていた。ブドウ畑などを転作した農地はこの10年で3倍に広がり、価格は3倍の値が付くほどの「開発ラッシュ」だ。

 「リーマン・ショックで多くの人が仕事や土地を失ったが、ピスタチオには幸いだった。世界の投資家が注目するようになったのだから」。地元で農地価格を鑑定するカーク・セグースパさん(51)は表情を崩した。

 開発を支えたのは、2008年9月のリーマン・ショック後、大規模金融緩和で生み出された大量のマネー。…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文817文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです