メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本防衛のあり方

 政府は年末、防衛計画の大綱(防衛大綱)を見直し、新たな大綱に沿って中期防衛力整備計画(中期防)を策定する。米国は対日赤字解消のため、高額な防衛装備品の購入を日本に迫っており、自民党も防衛費の大幅拡充を提言した。厳しい財政状況の下、何をどんな目的でどれだけ計上するのか、防衛装備品も「聖域」ではない。

「イージス・アショア」必要 若宮健嗣・自民党国防部会長

 2019年度予算の概算要求に導入費が計上された陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」…

この記事は有料記事です。

残り4269文字(全文4496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです