メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本防衛のあり方

 政府は年末、防衛計画の大綱(防衛大綱)を見直し、新たな大綱に沿って中期防衛力整備計画(中期防)を策定する。米国は対日赤字解消のため、高額な防衛装備品の購入を日本に迫っており、自民党も防衛費の大幅拡充を提言した。厳しい財政状況の下、何をどんな目的でどれだけ計上するのか、防衛装備品も「聖域」ではない。

 2019年度予算の概算要求に導入費が計上された陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」は、北朝鮮の核・ミサイル開発が新たな段階に突入したことを踏まえて必要とされる防衛力の拡充の一環だ。防衛大綱の見直しに向けた5月の党の提言に盛り込んだ。北朝鮮は私が昨夏まで約2年副防衛相を務めた間に約40発のミサイルを撃った。時間帯、軌道、発射数ともさまざまで、24時間365日態勢だった。そのような脅威に対処するには、迎撃ミサイルを発射できる海上自衛隊イージス艦を日本海上に待機させるだけでは限界がある。艦船が交代する間、穴をあけないために予備の艦船が必要だし、冬季は悪天候が多く、非常に厳しい環境だ。

 イージス・アショアを導入すれば、2基で日本全土をカバーできる上、ミサイル防衛に充てている海自艦船を東シナ海、南西地域など他の海域に振り向けることもできる。中国の海洋進出は依然として活発なことを考えれば、防衛力のより効率的な配分といえる。トランプ米政権誕生の前からミサイル防衛の配備を検討してきており、「お買い物しなさい」と言われて決めたわけではない。導入費は決して安くはないが、イージス・アショアほ…

この記事は有料記事です。

残り3845文字(全文4496文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです