メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本防衛のあり方

 政府は年末、防衛計画の大綱(防衛大綱)を見直し、新たな大綱に沿って中期防衛力整備計画(中期防)を策定する。米国は対日赤字解消のため、高額な防衛装備品の購入を日本に迫っており、自民党も防衛費の大幅拡充を提言した。厳しい財政状況の下、何をどんな目的でどれだけ計上するのか、防衛装備品も「聖域」ではない。

「イージス・アショア」必要 若宮健嗣・自民党国防部会長

 2019年度予算の概算要求に導入費が計上された陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」…

この記事は有料記事です。

残り4269文字(全文4496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです