メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

自民党総裁選・1978年 「変な声」まさかの敗北

臨時党大会で大平正芳新総裁(手前)選出を祝って万歳をする福田赳夫首相(前総裁、後方右)。後方左は中曽根康弘総務会長(後方左)ら=東京都千代田区の日比谷公会堂で1978年12月1日、藤田君幸撮影

 過去の自民党総裁選で、現職総裁が敗れた例が一度だけある。党員・党友による予備選を初めて実施した1978年11月の総裁選だ。福田赳夫首相は、予備選で大平正芳幹事長にまさかの敗北を喫し、国会議員による本選を辞退。「民の声は天の声というが、天の声にも変な声もたまにはあるな」とのせりふを残して退陣した。

 総裁選には、大平、福田両氏のほか、中曽根康弘総務会長と河本敏夫通産相も立候補した。ただ、実質的には大平、福田両氏の一騎打ち。メディアは、予備選で…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです