メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

深まる混迷 米が代表部閉鎖圧力 内部分断で対抗策なく

ワシントンにあるパレスチナ総代表部。米国が閉鎖させると発表した=2017年11月、AP

 【ワシントン鈴木一生、高本耕太、エルサレム高橋宗男】パレスチナとイスラエルの中東和平交渉を巡って親イスラエルの姿勢を鮮明にするトランプ米政権が、パレスチナ側に強い圧力をかけ続けている。米国務省は10日、ワシントンにあるパレスチナ解放機構(PLO)の総代表部(大使館に相当)を閉鎖させると発表。8月末には国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出の全面中止を決定したばかりで、パレスチナ側との対立が激化している。

 ロイター通信によると、トランプ政権は昨年11月、パレスチナ側がイスラエル当局者に対する国際刑事裁判…

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1463文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです