メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルネサスエレクトロニクス

自動運転に活路 米半導体買収 国際競争力を強化

IDTの買収を発表するルネサスエレクトロニクスの呉文精社長兼最高経営責任者=東京都千代田区で11日、柳沢亮撮影

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスは11日、米半導体メーカーのインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を約67億ドル(約7330億円)で買収すると発表した。買収額は日本の半導体メーカーとして過去最大になるとみられる。自動運転など車載用のセンサーやデータを伝送する通信用半導体に強いIDTを買収することで、ルネサスは製品力を強化し、国際競争力を高める狙いがある。【柳沢亮、松本尚也】

 「IDTと一緒になれば自動車やIoT(モノのインターネット)領域をもっと拡大できる。世界で勝ってい…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです