メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おせち商戦

早くも 平成最後 バブル/アムラー/手塚キャラも

 平成最後となる正月に向け、大手百貨店が2019年用のおせちを発表し、商戦が早くも始まった。松屋銀座は世代別におせちを用意し、高島屋では漫画家、手塚治虫さんの生誕90周年を記念したおせちをそろえるなど、各社は工夫をこらしている。

 松屋銀座は平成を代表する世代ごとの商品を発表。50~60歳の「バブル世代」向けにはホテル「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛ける16万2000円の「和洋中三段重プレミアム」を提案。今月引退する歌手の安室奈美恵さんと同…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです