メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関西経済に打撃 関空使えず、代替も限界

人通りが少なく、普段のにぎわいが失われた大阪・ミナミの道頓堀=大阪市中央区で2018年9月6日、岡奈津希撮影

 台風21号が日本列島を通過してから11日で1週間。浸水した関西国際空港が機能不全に陥っている状況は、企業物流や訪日外国人(インバウンド)に支えられた観光に大きな打撃を与えている。関空の全面復旧までに時間がかかれば、関西経済に深刻な影響を与えかねない。【岡奈津希、小坂剛志、加藤美穂子、釣田祐喜】

 「電子部品は迅速に届けることが不可欠。関空の早期復旧を期待したい」。ロームは関西などの拠点で生産した電子部品の半製品を空輸し、中国などで加工して製品化している。関空が浸水してからは、生産拠点から離れた成田空港などからの代替輸出を余儀なくされている。

 大阪税関によると、2017年の関空経由の輸出額は近畿2府4県全体の34%、輸入額は27%。輸出では…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1176文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです