メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

いつか、ここを古里に 縁あって全国から福島へ

今春から富岡町に移住した三國大介さん(35)、妻・桜さん(31)、長男・優さん(6)。自宅周辺は復興作業員向けの真新しいアパートが立ち並び、まだ整備の進んでいない空地も目立つ。単身赴任で働いていた大介さんは「みんな一緒に暮らしたい」と4月の学校再開を機に仙台から家族を呼び寄せた。桜さんは11月に第2子を出産予定で、「子供たちには富岡町を古里に育ってほしい」と語る=2018年8月18日

 東日本大震災とその後の東京電力福島第1原発事故の発生から7年半が過ぎた。原発事故で多くの人が移住を余儀なくされた福島県内の避難指示区域は、昨春までに当初の約3割、約370平方キロに縮小した。一方で避難指示解除地域の居住率は2割ほどにとどまり、避難拠点が遠かった浪江町や富岡町は解除から1年半を経ても…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  3. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  4. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  5. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです