メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分限裁判

最高裁審問 裁判官「懲戒は違憲」 「ツイート 表現の自由」

 担当していない民事訴訟に関し、ツイッターに不適切な投稿をしたとして東京高裁から懲戒を申し立てられた岡口基一・東京高裁裁判官(52)の分限裁判で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人最高裁長官)は11日、本人の弁明を聞く審問を行った。岡口裁判官は、非公開での審問後に記者会見し「(高裁の)申し立て自体が、表現の自由を侵害する違憲・違法なものだ」などと反論したことを明らかにした。

 現職裁判官の会見は異例。裁判官分限法は懲戒とするかどうかを決めるに当たり、申し立てられた裁判官の弁…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1058文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです