メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風疹

過去5年で最多 患者362人、首都圏に7割

 せきやくしゃみで感染する風疹の今年の患者数が累計で362人に達し、この5年で最多になったと国立感染症研究所が11日発表した。2014年の319人を超え、昨年の患者数93人の4倍近い。12~13年の前回の大流行に匹敵する規模への拡大が危惧される。

 前回の大流行では約1万7000人の患者が出た。その後、患者数は年々減少していたが、今年7月末から首都圏を中心に流行。9月2日までの直近1週間では75人の報告があった。前週の97人よりやや減ったが、報告が増える可能性もある。

 累計患者のうち8割の291人が男性で、20~40代が8割を占める。患者の報告があったのは28都道府…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文993文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです