メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訴訟

育休後、雇い止め無効 賃金支払い命令 東京地裁判決

 育休復帰時に正社員から契約社員に契約変更を迫られ、復帰後に雇い止めされたのはマタニティーハラスメントに当たり、男女雇用機会均等法などに違反するとして、東京都内の英会話学校に勤めていた女性(37)が運営会社「ジャパンビジネスラボ」に対し、正社員の地位確認と未払い賃金の支払いなどを求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であった。阿部雅彦裁判長は、雇い止めを無効とし、未払い賃金など約491万円を支払うよう命じた。正社員…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 内閣支持率40% 「年金だけでは2000万円不足」報告書の麻生氏対応「納得できない」68% 毎日新聞世論調査
  5. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです