メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

ミツバチを飼う さざめく羽音は平和の調べ

自作の巣箱でミツバチの世話をする伊藤さん=名古屋市の自宅で

 名古屋市のイラストレーター、伊藤ちづるさん(56)が自宅の庭でミツバチを飼い始めて5年。蜂蜜が好きで関心を持った。その愛らしさや、平和で理にかなった暮らしぶりは--。

 名古屋市郊外の住宅地にある伊藤さん宅。モミジの木の陰、1・2メートルほどの高さの巣箱がある。重箱よりひと回り大きめの木の箱が4~5層に重なり、赤や緑に塗られた、見た目にはいかにも居心地よさそうな「家」だ。その中に、ミツバチの体から分泌される蜜ろうでできた板状の巣が縦に7~8枚、箱の上部から底へ伸びるように形成されている。巣は無数の小さな六角形の小部屋に分かれ、1匹の女王蜂と、5000~1万匹の働き蜂や幼虫が暮らす。雄の蜂もいるが、交尾後は死んでしまう女系社会だ。

 ミツバチは、箱の最下段に作られた細い隙間(すきま)から出かけて半径約1キロの範囲を飛び回り、花の蜜や花粉を集めて戻ってくる。よく見ると、後ろ脚に丸い花粉の塊をつけている。

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 国連事務総長が声明「核なき世界へ重要な一歩」 核兵器禁止条約発効

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです