メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/41 第一話 泣きぼくろ=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 無理もない。十四年前の家族の修羅場を語り続ける八太郎の顔を見つめて、富次郎も身を縮めていた。

「母ちゃんがすごく優しい声を出してさ。八太郎のお腹(なか)が冷えたらいけない、あんたたちで湯屋へ連れてっておくれって、兄ちゃんたちに頼んだ」

 急げばまだ終(しま)い湯に間に合う。

「行ってきておくれ。それって、ちょっと家を空けてておくれよって意味だよな」

 豆源父ちゃんは、まだ頭を抱えて丸まったまんま動かない。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです