メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/41 第一話 泣きぼくろ=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 無理もない。十四年前の家族の修羅場を語り続ける八太郎の顔を見つめて、富次郎も身を縮めていた。

「母ちゃんがすごく優しい声を出してさ。八太郎のお腹(なか)が冷えたらいけない、あんたたちで湯屋へ連れてっておくれって、兄ちゃんたちに頼んだ」

 急げばまだ終(しま)い湯に間に合う。

「行ってきておくれ。それって、ちょっと家を空けてておくれよって意味だよな」

 豆源父ちゃんは、まだ頭を抱えて丸まったまんま動かない。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです