メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 2040年の地域包括ケア 介護保険、見直し時期に=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

 初老期とは何歳くらいか。辞書を引くと、なんと40歳の異称。「退行期」ともある。

 そのことを知ったのは、40歳を迎える頃のある日のことだった。「よく見えないなあ」と、新聞を顔に近づけたがクリアにならない。不思議に思いながら新聞を離したら、その方がよく見えた。「老眼!?」と驚き、今までとは違うと自覚した。

 2000年に始まった介護保険制度も今年で「18歳」。もう成人である。では介護保険制度が40歳になる40年ごろに何が起きそうか。先日の地域包括ケア研究会で論議した。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです