メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 日本3-0コスタリカ 若き森保J、躍動

【日本-コスタリカ】前半、ドリブルする南野(手前右)=パナソニックスタジアム吹田で2018年9月11日、小出洋平撮影

 サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップの日本-コスタリカが11日、パナソニックスタジアム吹田で行われ、日本が3-0で快勝。森保新監督体制の初陣で白星スタートを切った。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が55位、コスタリカが32位。

 先発でワールドカップ(W杯)ロシア大会のメンバーは槙野(浦和)、遠藤(シントトロイデン)、東口(ガ大阪)の3人のみ。佐々木(広島)や堂安(フローニンゲン)が代表初招集で初先発を飾るなど、森保監督は新戦力を積極的に起用した。試合は前半16分にオウンゴールで先制。後半には南野(ザルツブルク)、伊東(柏)が代表初ゴールを挙げた。

この記事は有料記事です。

残り2421文字(全文2709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです