メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 日本3-0コスタリカ 若き森保J、躍動

【日本-コスタリカ】前半、ドリブルする南野(手前右)=パナソニックスタジアム吹田で2018年9月11日、小出洋平撮影

 サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップの日本-コスタリカが11日、パナソニックスタジアム吹田で行われ、日本が3-0で快勝。森保新監督体制の初陣で白星スタートを切った。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が55位、コスタリカが32位。

 先発でワールドカップ(W杯)ロシア大会のメンバーは槙野(浦和)、遠藤(シントトロイデン)、東口(ガ大阪)の3人のみ。佐々木(広島)や堂安(フローニンゲン)が代表初招集で初先発を飾るなど、森保監督は新戦力を積極的に起用した。試合は前半16分にオウンゴールで先制。後半には南野(ザルツブルク)、伊東(柏)が代表初ゴールを挙げた。

この記事は有料記事です。

残り2421文字(全文2709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです