メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マザーツリー

折れた幹、菌が侵食 白神山地シンボル

津軽森林管理署が倒れた幹の枝葉の一部を取り除いたマザーツリー=青森県西目屋村で2018年9月11日、藤田晴雄撮影

 白神山地のシンボルで樹齢400年以上とされるブナの巨木「マザーツリー」(青森県西目屋村)の幹が途中で折れたことを受け、県樹木医会専務理事兼事務局長の斎藤嘉次雄さん(71)が調べたところ、折れて落下した2本の幹が菌によって腐っていたことが分かった。斎藤さんは残った幹の応急処置が必要との認識を示した。

 東北森林管理局津軽森林管理署によると、マザーツリーは老朽化に加え、4日夜から5日未明にかけて日本海側を北上した台風21号の影響で折れたとみられている。

 8日に現地を訪れた斎藤さんによると、落下した2本の幹内部が「心材腐朽菌」などによって約6~7割が侵…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです