メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

マイカーまだ1000台「取りに行く時間がない」

駐車場にとめられた車の中には、台風の影響でガラスが割れたものもあった=関西国際空港で2018年9月11日、山田尚弘撮影

 台風21号による高潮で一時閉鎖された関西国際空港で、取り残された自動車の「回収」が進んでいる。車をとめて出国した利用客の自家用車など約5000台が一時置かれたままになっていたが、10日には約1000台にまで減った。ただ、関空の駐車場には「取りに行く時間がない」という連絡も相次いでおり、完全な搬出には時間がかかりそうだ。

 車が出られなくなったのは、空港島への陸路によるアクセス経路だった空港連絡橋が、タンカーの衝突を受け…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文418文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです