メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

マイカーまだ1000台「取りに行く時間がない」

駐車場にとめられた車の中には、台風の影響でガラスが割れたものもあった=関西国際空港で2018年9月11日、山田尚弘撮影

 台風21号による高潮で一時閉鎖された関西国際空港で、取り残された自動車の「回収」が進んでいる。車をとめて出国した利用客の自家用車など約5000台が一時置かれたままになっていたが、10日には約1000台にまで減った。ただ、関空の駐車場には「取りに行く時間がない」という連絡も相次いでおり、完全な搬出には時間がかかりそうだ。

 車が出られなくなったのは、空港島への陸路によるアクセス経路だった空港連絡橋が、タンカーの衝突を受けて通行止めとなっているのが原因。自家用車がないと困る人もいるため、関空を運営する関西エアポートは8日から、車を取りに来て島から出る場合に限り、特別に一般車両の通行を認めている。

 先月28日に関空に車をとめ、ハワイへ家族旅行に出かけた兵庫県西宮市の大隈健太郎さん(39)は10日、約2週間ぶりにマイカーの無事を確認。「仕事があってなかなか回収できなかった。ようやく取りに来られた」とほっとした様子だった。【矢追健介】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです