メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

着陸リハを中止 降下距離の計測不能で

探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウの着陸候補地として選んだ「L08」地点。残りの2カ所はバックアップで選ばれた地点=宇宙航空研究開発機構、東京大など提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの表面近くへ降下する途中、高度600メートルで表面までの距離を計測できなくなり、降下を中止したと発表した。炭素が多く存在するリュウグウは表面が真っ黒で、レーザー光を当てて距離を測る機器がうまく働かなかったとみられる。JAXAによると、はやぶさ2の状態は正常で、今後、計測機器の設定を変えるなど降下手順の見直しを検討する。

 10月下旬に予定している着陸のリハーサルとして実施された。今回達した高度は、これまでで最も低い(こ…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文770文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです