メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

主審「ご心配なく」 女性差別と批判で議論

全米オープンの女子シングルス決勝戦で、試合中、主審に主張するセリーナ・ウィリアムズ=AP

 全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)に3度の違反行為によるペナルティーを与え、本人から女性差別と批判された主審カルロス・ラモス氏が初めてコメントし、「現状は大丈夫」と述べた。USAトゥデー紙(電子版)など複数メディアが11日、同氏の出身地のポ…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです