メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

主審「ご心配なく」 女性差別と批判で議論

全米オープンの女子シングルス決勝戦で、試合中、主審に主張するセリーナ・ウィリアムズ=AP

 全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)に3度の違反行為によるペナルティーを与え、本人から女性差別と批判された主審カルロス・ラモス氏が初めてコメントし、「現状は大丈夫」と述べた。USAトゥデー紙(電子版)など複数メディアが11日、同氏の出身地のポ…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです