全米オープンの女子シングルス決勝戦で、試合中、主審に主張するセリーナ・ウィリアムズ=AP

 全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)に3度の違反行為によるペナルティーを与え、本人から女性差別と批判された主審カルロス・ラモス氏が初めてコメントし、「現状は大丈夫」と述べた。USAトゥデー紙(電子版)など複数メディアが11日、同氏の出身地のポ…

続きを読む