自民党総裁選

石破氏、論戦なく焦り 首相は海外で存在感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
街頭演説の合間に聴衆と握手する石破茂元幹事長(右端)=大阪市天王寺区のJR天王寺駅前で11日、浜中慎哉撮影
街頭演説の合間に聴衆と握手する石破茂元幹事長(右端)=大阪市天王寺区のJR天王寺駅前で11日、浜中慎哉撮影

 10日に論戦が本格化した自民党総裁選は、同日午後から13日まで安倍晋三首相(63)がロシア訪問中で、石破茂元幹事長(61)だけが地方行脚中だ。10日午後に水戸市で街頭演説し、すぐに神戸市に移動。11日は神戸、堺、大阪各市で演説や練り歩きを繰り返した。

 その石破氏が11日、大阪市の街頭演説で怒りをみせた。「総裁選は党員だけのものではない。外交、社会保障をどうするか、今ほど国民に訴えねばならない時はないが、私と安倍さんが一緒に演説する機会はほとんどない。一般の人には聞こえない」。一方、首相は10日夜にプーチン大統領と会談し、共同記者発表がNHKで生中継され、海外から「公務」で存在感を示した。

 7日告示の総裁選は、北海道の地震で3日間の活動自粛となり、首相はその間、関係閣僚会議で繰り返しニュースに登場。石破氏のメディア露出は、10日の党主催の共同記者会見などがメインで、論戦に活路を見いだしたい石破陣営には論戦中断への焦りが募る。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文910文字)

あわせて読みたい

注目の特集