【カイロ篠田航一、ワシントン高本耕太】内戦が続くシリアで反体制派の最後の拠点である北西部イドリブ県と周辺地域に対し、アサド政権側の空爆が強まっている。政権には、化学兵器の使用疑惑が度々浮上していることから、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は10日、「化学兵器を使えば、従来以上に強力に…

続きを読む