メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法務省

司法試験で19歳の合格者 06年以降最年少

司法試験の結果が掲載されている法務省のウェブサイト
司法試験法科大学院別合格者数(10人以上)

 法務省は11日、今年の司法試験合格者を発表した。受験者5238人(昨年比729人減)に対し、合格者は1525人(同18人減)だった。法科大学院の統廃合や定員削減などもあり、受験者、合格者ともに新試験へ完全移行した2012年以降で最少。政府が15年6月に決定した合格者の数値目標「1500人程度」は上回った。合格率は29.11%(同3.25ポイント増)だった。

 合格者の年齢(今年末現在)は19~68歳で平均28.8歳。19歳は新試験が始まった06年以降最年少。昨年、法科大学院を修了せずに受験資格を得られる「予備試験」に史上最年少の18歳(昨年末時点)で合格していた。合格者の性別は男1150人、女375人だった。

 予備試験を経た合格者は336人(昨年比46人増)。合格率は77.60%で、どの法科大学院よりも高かった。法科大学院別の合格者数は京都大が128人で最も多く、新試験に完全移行後、初めてトップに立った。また、法科大学院修了者のうち、法学部出身者向けの既修コース(2年間)の合格率は33.19%、法学部出身者以外が中心の未修コース(3年間)は15.51%だった。

 法科大学院修了後、受験資格がある5年以内に合格した人の割合(累積合格率)について、15年の政府決定は「おおむね7割以上」との数値目標を掲げているが、今回の試験が最後になる13年度修了者で59.80%(既修74.09%)だった。

 司法試験の合格者はかつて500人前後だったが、政府は02年、司法制度改革の一環として「質・量ともに豊かな法曹」の養成を目指し、「10年には年間3000人程度とする」との目標を閣議決定した。ところが実際の合格者は2000人前後で推移し、「修了者の7~8割」とされた合格率も低迷。政府は15年に、今年度までを「法科大学院集中改革期間」と位置づけ、新たな数値目標なども打ち出した。一方、最大74校あった法科大学院は既に38校が廃止・募集停止を表明している。【和田武士】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです