メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
分限裁判

ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論

 担当していない民事訴訟に関し、ツイッターに不適切な投稿をしたとして東京高裁から懲戒を申し立てられた岡口基一・東京高裁裁判官(52)の分限裁判で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人最高裁長官)は11日、本人の弁明を聞く審問を行った。岡口裁判官は、非公開での審問後に記者会見し「(高裁の)申し立て自体が、表現の自由を侵害する違憲・違法なものだ」などと反論したことを明らかにした。

 現職裁判官が会見するのは異例。裁判官分限法は懲戒とするかどうかを決めるに当たり、申し立てられた裁判…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文900文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです