関西空港

最大90センチ浸水 第1ターミナル地下1階

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
水没した関西国際空港の地下電源施設=2018年9月5日撮影・関西エアポート提供
水没した関西国際空港の地下電源施設=2018年9月5日撮影・関西エアポート提供

 台風21号の高潮で浸水した関西国際空港の第1ターミナル(T1)の地下1階が11日、報道陣に公開され、最大で約90センチの床上まで浸水していたことが明らかになった。電源施設などの重要設備が配置されているため、関空を運営する関西エアポートは止水板を設置するなどの対策を講じていたが、浸水を防ぐことができなかった。

 公開されたのは、地下1階に6室ある「高圧電気室」。それぞれに変電器が配置されており、関空島へ送られてきた電気の電圧を変えてT1内に送り出す役割を担っている。台風が通過した4日、高潮による海水がスロープを下って地下に流れ込み、3室の変電器が水をかぶって故障した結果、T1の大部分の施設で今も停電が続く。部分的な復旧は週内になるという。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文730文字)

あわせて読みたい

注目の特集