メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セーリング

東京五輪のテスト大会始まる W杯江の島大会

 2020年東京五輪・パラリンピックの運営面を確認するテストを兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会が11日、神奈川県藤沢市で始まった。五輪で実施される33競技でテスト大会が行われるのは今回が初めて。東京五輪は11日で開幕まで682日となり、競技運営を準備する期間に入った。テスト大会は来年以降に本格化する。

 今大会はセーリングの国際連盟と日本連盟が主催する。大会組織委員会は海面での指揮命令系統やレース運営状況を確認。五輪での競技エリアを決める材料にする。組織委大会運営局の森泰夫次長は「どういう課題があるかを精査する。審判などの競技スタッフを含めてできる限り本番に近い環境を作りたい」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです