メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

蹴る前に「パフォーマンス考えた」堂安

【日本-コスタリカ】後半、相手GKをかわし、シュートを放つ堂安=パナソニックスタジアム吹田で2018年9月11日、小出洋平撮影

 ○日本3-0コスタリカ●(11日、パナソニックスタジアム吹田)

 シュートを打つ前に「ゴールパフォーマンスを考えていた」と笑って言うのだから、堂安律(フローニンゲン)はやはりただものではない。まだ20歳、初めてのA代表の試合にもかかわらずだ。「すごく緊張した」との言葉も見繕ったようにさえ聞こえてしまう。それほどまでに持ち味を発揮した上々のデビュー戦だった。

 パフォーマンスを考えるほどまでの決定的な場面は後半14分。相手DFの裏へと抜け出し、小林悠(川崎)…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです