メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

政治 自民党総裁選 「党員票の行方 注目」 毎日新聞政治部長に聞く

{4}首相官邸に入る安倍晋三首相=2018年9月7日午前8時46分、川田雅浩撮影
{14}自民党総裁選が告示され、届け出後に激励に訪れた地方議員と話す石破茂元幹事長=衆院第2議員会館で9月7日、川田雅浩撮影
インタビューに答える毎日新聞政治部長の佐藤千矢子さん

 自民党じみんとうのトップをめる自民党総裁じみんとうそうさい選挙せんきょが7なのかはじまり、20はつか開票かいひょうされます。いま総裁そうさいくに総理大臣そうりだいじんつとめる安倍晋三あべしんぞうさんと、とう元幹事長もとかんじちょう石破茂いしばしげるさんが立候補りっこうほしています。毎日新聞政治部長まいにちしんぶんせいじぶちょう佐藤千矢子さとうちやこさんに、総裁選そうさいせん注目ちゅうもくするポイントをきました。【木村健二きむらけんじ

     --安倍あべさんと石破いしばさんのちがいはなんですか。

     佐藤さとうさん 世界せかいのグローバル対応たいおうするため、安倍あべさんはスピードかんのある「める政治せいじ」をすすめてきました。ただ、賛否さんぴおおきくかれる法律ほうりつ議論ぎろんがやや不十分ふじゅうぶんなままとおしてきました。学校法人がっこうほうじん森友学園もりともがくえん」「加計学園かけがくえん」の問題もんだいでは、「安倍あべさんとしたしいひとがひいきされ、行政ぎょうせいがゆがめられたのではないか」という批判ひはんがあります。石破いしばさんは「政治せいじ行政ぎょうせい信頼回復しんらいかいふく」のプランをかかげ、安倍あべさんとの政治姿勢せいじしせいちがいをしめしていどんでいます。

     また、安倍あべさんの経済政策けいざいせいさく「アベノミクス」は、まず大企業だいきぎょう大都市だいとし元気げんきにして、景気けいきくするというかんがかたです。石破いしばさんは、まず地方ちほう元気げんきにして経済けいざい再生さいせいしていくというかんがかたで、手法しゅほうちがいがあります。

     --勝敗しょうはいのポイントはどんなところですか。

     佐藤さとうさん 総裁選そうさいせんは、国会議員こっかいぎいん(1ひとりぴょう)の405ひょうと、一般いっぱん党員とういんらの投票とうひょう有権者約ゆうけんしゃやく104万人まんにん)を比例配分ひれいはいぶんする405ひょうあらそわれます。国会議員票こっかいぎいんひょう安倍あべさんが8割超わりちょうかため、優勢ゆうせいです。注目ちゅうもく党員票とういんひょうです。2012ねん総裁選そうさいせんでは、党員票とういんひょう安倍あべさんは石破いしばさんにけ、国会議員こっかいぎいんだけの決選投票けっせんとうひょう安倍あべさんが逆転勝ぎゃくてんがちしました。安倍あべさんとまわりのひとたちはこのけをきずっていて、「党員票とういんひょう圧勝あっしょうしたい」とおもっています。安倍あべさんの党員票とういんひょうが6わり、5わりぐらいだと、「石破いしばさん善戦ぜんせん」という印象いんしょうになります。安倍あべさんはあと3ねん総裁任期そうさいにんきますが、ちからをそがれるかもしれません。

     --どもでも関心かんしんてるところはありますか。

     佐藤さとうさん 街頭演説がいとうえんぜつ記者会見きしゃかいけんで2ふたりなら場面ばめんをテレビなどでれば、政治せいじがよくかるとおもいます。石破いしばさんは47都道府県別とどうふけんべつのメッセージ動画どうがつくり、話題わだいになりました。安倍あべさんもSNSにとても熱心ねっしんです。インターネットで2ふたりちがいを調しらべてみるのも面白おもしろいでしょう。


    立候補りっこうほした2ふたり

     安倍晋三あべしんぞうさん(63)        石破茂いしばしげるさん(61)

    衆議院山口しゅうぎいんやまぐち     せんきょ   衆議院鳥取しゅうぎいんとっとり

    かい           当選回数とうせんかいすう 11かい

    成蹊大学せいけいだいがく        出身大学しゅっしんだいがく 慶応義塾大学けいおうぎじゅくだいがく

    憲法改正けんぽうかいせい経済成長けいざいせいちょう  おもうったえ 地方創生ちほうそうせい福祉社会ふくししゃかい

    ゴルフ          おも趣味しゅみ 鉄道てつどう軍事ぐんじ、アイドル

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    5. 内閣改造 待機組約80人、首相支持派閥でパイ奪い合い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです