メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『バッグをザックに持ち替えて』『死に支度』

時々は少し無理をしながら「小さな一歩」を重ねてみよう

◆『バッグをザックに持ち替えて』唯川恵・著(光文社/1200円)税別

◆『死に支度』瀬戸内寂聴・著(講談社文庫/700円)税別

 この夏は本当に大変な暑さだった。日本のあちこちで40℃を超えるという異常事態。日常の買い物に出るのも命懸けだった。

 そんな中、私は20代の友人2人と、新潟県の秘湯の旅へでかけた。秘湯の宿のスタンプラリーをしている私の渋い夏休みに、快く付き合ってくれたのだった。とはいえ、秘湯の宿だけでは若者にあまりに気の毒なので、ロープウエーで山に登ってみたり、町ぐるみで開催している芸術祭の作品をレンタカーで見て回ったりした。だが新潟も東京と変わらない暑さ。案の定、東京に帰って2日間は廃人状態。おまけに疲労がたたったのか中耳炎にも罹(かか)ってしまった。たった3日間の休暇の末路がこんなことに。暑さ故か私の体力の衰えか。

 中耳炎で廃人の情けない私の心を慰めてくれたのが、まったくの登山初心者だった著者が、ネパールのエベレ…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1539文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです