メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『襲来』『有馬稲子』ほか

今週の新刊

◆『襲来』帚木蓬生・著(講談社/上税別1700円・下税別1600円)

 帚木蓬生(ははきぎほうせい)『襲来』は、圧倒的な読みごたえの上下巻。鎌倉時代、安房(あわ)の国に生まれた日蓮は、浄土宗を批判し、「南無妙法蓮華経」を唱え、辻説法で信者を増やす。そして乱世に外敵の襲来を予言し、警鐘を鳴らした。

 日蓮の弟子で、漁師育ちの無学な若者・見助(けんすけ)が『襲来』の主人公だ。一身を日蓮に捧(ささ)げ…

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです