メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『襲来』『有馬稲子』ほか

今週の新刊

◆『襲来』帚木蓬生・著(講談社/上税別1700円・下税別1600円)

 帚木蓬生(ははきぎほうせい)『襲来』は、圧倒的な読みごたえの上下巻。鎌倉時代、安房(あわ)の国に生まれた日蓮は、浄土宗を批判し、「南無妙法蓮華経」を唱え、辻説法で信者を増やす。そして乱世に外敵の襲来を予言し、警鐘を鳴らした。

 日蓮の弟子で、漁師育ちの無学な若者・見助(けんすけ)が『襲来』の主人公だ。一身を日蓮に捧(ささ)げ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです