メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『ぼくの兄の場合』ウーヴェ・ティム 著

目をふせて沈黙し責任逃れをしたすべての者たちに放たれる鋭い矢

◆『ぼくの兄の場合』ウーヴェ・ティム/著 松永美穂/訳(白水社/税別2200円)

 ドイツの作家ウーヴェ・ティムは1940年の生まれ。16歳年上の兄がいたが、1942年、18歳のときに志願して武装親衛隊に入隊。翌年、東部(ウクライナ)戦線で重傷を負い、死去。残された遺品のなかに戦地でつづった日記と少しばかりの手紙があった。

 兄が戦死したとき、作者は3歳だった。「夢の切れ端」のような記憶しかない。この兄をもっとよく知るため…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 高橋留美子さん欧州最大規模の漫画祭でグランプリに 「極めて進歩主義的」
  3. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  4. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  5. 「劇的ビフォーアフター」工事会社と朝日放送などが和解 2700万円追加費用発生で訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです