メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産のゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反容疑
SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 齋藤陽道 『声めぐり』

「おはよう」という挨拶がふつうに分かる特別さに震えた

◆『声めぐり』齋藤陽道・著(晶文社/税別1850円)

 写真家の齋藤陽道さんは、聴覚に障害がある。本書は聞こえない「声」とどのように付き合ってきたかを綴(つづ)るエッセーだ。子どもの頃は、補聴器をつけ、発音訓練をさせられるのがとても嫌だったという。

「いつの間にか、相手と話をするよりも、自分の発音の良しあしばかりを気にして、無難で伝わりやすい“らしい”ことばを使うようになっていました。実感がこもらないことばなので、相手に届くものではなく、自分に残るものでもなかった。その当時のぼくにとって、ことばは使い捨てるものでした」

 しかし、石神井(しゃくじい)ろう学校高等部で手話を学ぶようになって、生きた「ことば」と出会う。

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1469文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  4. 流行語候補 おさらい「ご飯論法」って? 「パンは食べたが黙っておく」すりかえ答弁を可視化
  5. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです