メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

フランスに敗戦も…オランダのクーマン監督「多くのポジティブな点があった」

情報提供:サッカーキング

フランス戦を振り返ったクーマン監督 [写真]=TF-Images/Getty Images
 オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督が、9日に行われたUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ1の第2節フランス代表戦を振り返った。

 オランダ代表は2018 FIFAワールドカップ ロシアの出場権を逃し、クーマン監督の下で3月に新たなスタートを切った。試合はロシアW杯を制した“世界王者”フランスに1-2で敗れたものの、クーマン監督は試合内容に確かな手応えを感じたようだ。

「間違いなく予想したよりも良かった。始まったときには誰もがこのチームにネガティブなイメージを持っていたが、試合中にはたくさんのポジティブな点があった。フランスのような相手に良いプレーができるということは、正しい道のりを歩んでいるということだ」

「人々はおそらく『全力でプレーしていなかった』とか『フランスがもっとやる気を出していたらさらに大きな差になったはずだ』などと言うだろう。だが、後半に我々がフランスを苦しめたことは事実だ。楽観的になれるだけの十分な理由を私に与えてくれるね」

【関連記事】
●世界王者フランス、凱旋マッチを勝利で飾る…ムバッペ&ジルー弾でオランダ撃破
●南米の強豪同士の一戦…コロンビア対アルゼンチンはスコアレスドローに
●イングランド、スイスとの激戦を制す…ラッシュフォードが決勝弾
●ルカクが2ゴールの活躍! ベルギー、ネーションズリーグ白星発進
●W杯準優勝クロアチアが大敗…スペイン、6発圧勝でネーションズリーグ2連勝

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」
  3. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  4. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです