メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

J2大分、ゴールポストによる裂傷事故発生を報告…謝罪と対応策を発表

情報提供:サッカーキング

大分トリニータが事故発生を報告した
 大分トリニータは12日、「ゴールポストによる裂傷事故のお詫びと今後の対応策に関して」と題した声明を公式HPに掲載した。

 大分によると、今月9日にU-18チーム所属選手が「ゴールポストの移動時にポストの継ぎ目に発生した隙間に指を挟み、裂傷を負う事故が発生」したという。大分は「選手と家族に対し、お詫び申し上げるとともに、クラブとしては重大事故につながりかねない事態であると判断し、以下の対策を講じることとしました」と報告し、「今回の原因は、ゴールポストの経年およびボール等の衝撃によるボルト・ナットの緩み、歪みからポストの継ぎ目に隙間が発生したことです」と説明している。

 なお今後の対応策としては、以下のように記している。

(1)メンテナンスの強化:クラブハウス管理人による週1回の点検/専門業者による半年に1度のメンテナンス
(2)注意喚起および指導:「ゴールポストの継ぎ目に『指づめ注意』のステッカーを貼付し、注意を促す」を対策として制度化を徹底

 以上を踏まえて大分は「また、一般の利用者に対しては、ゴール移動時の指づめに注意するようHP等で呼びかけを行うとともに、スクールにおいては、ゴールポストの運搬・セッティングを丁寧に行うように指導を徹底していきます」「今後このような事故が起きないよう、用具管理及び注意喚起を徹底してまいります」と公式HPに記している。



【関連記事】
カタールW杯に思いを馳せて…サッカーキング編集部が4年後の『日本代表 ベストイレブン』をセレクト!
王者の惨敗、開催国の意地、VAR、追放、賭け、乱入…ロシアW杯で起きた16の出来事
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです