メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

見た目だけでなく走りも磨きをかけた! トヨタ・カムリWSはひと皮剥けた本格スポーティモデル

情報提供:カートップ

見た目だけでなく走りも磨きをかけた! トヨタ・カムリWSはひと皮剥けた本格スポーティモデル

オーディオのサウンドにもこだわった

20177月にフルモデルチェンジを行ったトヨタ・カムリ。プラットフォームやパワートレインなども全面刷新されている。そのカムリに、スポーティなフロントマスクの新グレード「WS」が追加された。

トヨタ・カムリ

通称カムリスポーツと呼ばれる「カムリWS」は、「カムリを超えろ」というテーマのもと開発。2017年のデトロイトショーで発表され、セダンとしては初となるCピラーで色見切りをするなど、こだわりが満載のモデルだ。

トヨタ・カムリ

デザインキーワードは「アイコニック カタマラン」。極力、オリジナルスケッチを元に再現して実車化となった。カタマラン形状によってワイドなクルマのスタンスを最大限に表現した結果、アッパーグリルを含めた3つの特徴的な開口部を前方に吐出したことで、スポーティな走りを強調したデザインとなった。側面ではサイドロッカーとフロントの連続性をだすことで、より低重心な構えをみせている。

トヨタ・カムリ

もちろん、フロントだけではなくリヤバンパーの下側の専用デザイン、デュアルマフラーなどにより、リヤまわりでも既存グレードとは差別化したデザインとなった。

トヨタ・カムリ

内装は、シルバー調のスポーティな演出を施し、従来モデルにはないパドルシフトが追加されている。

トヨタ・カムリ

チーフエンジニアの勝又正人さんは、「すでにグローバルでは導入されているクルマですが、このタイミングで国内導入するにあたり、開発陣として、単に外国で売っているスポーティなクルマを持ってくるだけでは、国内オーナーは認めてくれないだろうと思いました。そのため、これまで導入しているクルマではやっていないことをやっています」

トヨタ・カムリ

それは、見た目だけでなく運動性能にも手が加わる。

「まずはショックアブソーバーを変えています。一般的には、乗り心地は悪くなるけれどもライントレース性は向上する二率背反状態になる。これでは、国内でカムリ購入を検討しているお客さまに訴求ができないと思い、無い物ねだりをしました。それは、乗り心地のカムリDNAを犠牲にしないまま、欧州車並みの走りを実現していること。この、ハードを変えないままライントレース性をジャンプアップさせたことで、走りを極められました」

トヨタ・カムリ

「具体的にはショックアブソーバーの摺動部分を新規開発し、これまで微低速においてオイルだけでは減衰力が出せないところを対策しました。メリットを活かしながら、減衰力特性を再チューニングして開発しています」と勝又さんは語る。

トヨタ・カムリ

カムリWSの魅力は足まわりの変更だけではない。

「カムリの発表会の時にテリー伊藤さんゲスト出演をしていただきました。そのときに『セダン復活、復権、再認識』とトヨタとして公言しています。じつはその発表会の事前に、テリー伊藤さんとノスタルジックなスポーツモデルをたくさん見て、『あのころ見たクルマ熱かったよね、あのころ、クルマは走りだけだった? いやいや、オーディオも熱かったよね』という会話をしました」

トヨタ・カムリ

「やっぱり良いオーディオをクルマで聞きたいと思い、今回のカムリWSに関してはアッパーボディの開発初期段階からジェーベルハーマンに入ってもらいました。スピーカーをどういう風に配置するかが、鍵となります。その部分のハードウェアを作り込み、今回は特別に国内専用チューニングを行っています」という。

実際に乗り込んで音質を聞いたが、まるでコンサートホールにいるかのような大迫力な音楽を聞くことができた。

トヨタ・カムリ

ちなみにカムリは、ドレスアップアイテムの装着率が高く、今回のWSグレード国内導入と同時にTRDバージョンもラインアップ。スポーティになったカムリWSをまずはディーラーで試乗してほしい。

トヨタ・カムリ


情報提供:カートップ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです