メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「ヒトラーと戦った22日間」 ホロコースト映画注目の中、封切り /東京

「未来の視点」持ち、歴史学んで 法政大教授・金原瑞人さんに聞く

 第二次世界大戦下のナチスが、現ポーランド東部に建設したソビブル絶滅収容所で起きた脱出劇を描いた映画「ヒトラーと戦った22日間」が日本で封切りとなった。ソ連軍将校らによる1943年の蜂起が題材だが、今なぜホロコースト(ユダヤ人大虐殺)映画が注目されているのか。訳書「ナチスに挑戦した少年たち」が話題の法政大学教授、金原瑞人さん(63)に聞いた。【鈴木美穂】

 戦後73年が経過し、戦争体験者も少なくなるなか「映画や小説を通し、忘れてはならない歴史を学ぶことが…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです