メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「ヒトラーと戦った22日間」 ホロコースト映画注目の中、封切り /東京

「未来の視点」持ち、歴史学んで 法政大教授・金原瑞人さんに聞く

 第二次世界大戦下のナチスが、現ポーランド東部に建設したソビブル絶滅収容所で起きた脱出劇を描いた映画「ヒトラーと戦った22日間」が日本で封切りとなった。ソ連軍将校らによる1943年の蜂起が題材だが、今なぜホロコースト(ユダヤ人大虐殺)映画が注目されているのか。訳書「ナチスに挑戦した少年たち」が話題の法政大学教授、金原瑞人さん(63)に聞いた。【鈴木美穂】

 戦後73年が経過し、戦争体験者も少なくなるなか「映画や小説を通し、忘れてはならない歴史を学ぶことが…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです