メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

茨城 常陸牛 気配りが育んだ肉質 味が濃く、肉汁じゅわー /東京

 味と肉質を競う銘柄牛は全国に点在するが、首都圏にもある。その一つが1977年に命名された茨城県の銘柄牛「常陸(ひたち)牛」だ。豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、質の高い牛肉が生まれているという。牧場がある同県鉾田市を訪れた。【成瀬桃子】

 常陸牛は161の指定生産農家で約8600頭が飼育されている。「生産が安定し、脂の質がいい」。鉾田牧場(鉾田市)の牧場長、中川徹さん(59)はその特徴を話す。同牧場は茨城県畜産農業協同組合連合会のモデル牧場だ。

 他の銘柄牛と同様に「常陸牛」にも厳しい基準がある。霜降り具合などを示す肉質等級は4か5、赤肉の割合…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1389文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです