メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

茨城 常陸牛 気配りが育んだ肉質 味が濃く、肉汁じゅわー /東京

 味と肉質を競う銘柄牛は全国に点在するが、首都圏にもある。その一つが1977年に命名された茨城県の銘柄牛「常陸(ひたち)牛」だ。豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、質の高い牛肉が生まれているという。牧場がある同県鉾田市を訪れた。【成瀬桃子】

 常陸牛は161の指定生産農家で約8600頭が飼育されている。「生産が安定し、脂の質がいい」。鉾田牧場(鉾田市)の牧場長、中川徹さん(59)はその特徴を話す。同牧場は茨城県畜産農業協同組合連合会のモデル牧場だ。

 他の銘柄牛と同様に「常陸牛」にも厳しい基準がある。霜降り具合などを示す肉質等級は4か5、赤肉の割合…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1389文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです