メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国造ゆたくら新聞

1周年 和気小・児童と県外・東大生2人、特産柚子守る知恵しぼる 今月末第3号 能美 /石川

国造柚子の葉や実を教室に持ち込み、香りや味を確かめながら意見を出し合う児童と東大生の永井祐貴さん(奥)=石川県能美市和気町の市立和気小で、久木田照子撮影

和気小・児童、学習の成果まとめ執筆/県外・東大生2人、生産者ら取材し提案

 能美市の特産品・国造柚子(こくぞうゆず)がテーマの「国造ゆたくら新聞」が11月、第1号の発行から1周年を迎える。同市国造地区の無農薬のユズ生産者らでつくる協議会が手作りし、地元で無料で配ってきた。今月末に発行する第3号では、市立和気小学校の児童・教員と、同市に滞在し地域の課題解決について学ぶ東京大の学生2人が初の外部筆者となる。協議会は「国造柚子を守る動きにつなげたい」と意気込んでいる。

 新聞は、能美市国造地区ゆたかなくらし協議会(事務局・市農政課)が製作。A4判4ページで、国造地区約…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです