摂津市

求む!!技術職経験者 災害対応で担い手不足 採用拡充、市がアピール /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪モノレールの車内に掲示予定の職員募集広告を確認する大阪府摂津市職員ら=同市提供
大阪モノレールの車内に掲示予定の職員募集広告を確認する大阪府摂津市職員ら=同市提供

 大阪北部地震や西日本豪雨、台風21号などの自然災害が相次ぐ中、被害調査や復旧工事を担う地方自治体の技術職員が不足している。大阪北部地震などで被害が出た摂津市は9月募集の職員採用試験で、技術職を確保するために受験資格を拡充し、「経験者枠」を新たに設けた。受験者数の増加や民間企業からの転職希望者を狙う。【芝村侑美】

 厚生労働省が発表した今年7月の建築・土木・測量技術者の有効求人倍率は5・39倍、昨年度の平均も5・22倍と、技術者の人手不足が続いている。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文694文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集