メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

鳥取 因幡万葉歴史館 鳥取市国府町 古代の生活、文化へ思い 大伴家持関連、多彩に /中国

「大伴家持ホール」では本人像がお出迎え=鳥取市国府町町屋の因幡万葉歴史館で、小野まなみ撮影

万葉衣装で散歩、古墳の石室複製

 「古代因幡と万葉文化にふれる異空間」。鳥取市国府町町屋の因幡万葉歴史館は、奈良時代の歌人・大伴家持(やかもち)に関する展示品など約160点が並び、因幡国(現鳥取県東部)を中心とした古代の人々の暮らしや文化、歴史が分かる施設だ。県内外から年間2万5000人が訪れる。今年は家持の生誕1300年とされ、さまざまな展示や行事を企画している。【小野まなみ】

 家持は758年に因幡国守として赴任。翌年には、国内最古の歌集・万葉集の最後を飾る歌を鳥取の地で詠んだとされる。館内には、家持や万葉集にまつわる絵画や書物の複製品のほか、因幡国庁の復元模型も展示。万葉集の概要や奈良時代の役人の仕事も紹介する。

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです