メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

鳥取 因幡万葉歴史館 鳥取市国府町 古代の生活、文化へ思い 大伴家持関連、多彩に /中国

「大伴家持ホール」では本人像がお出迎え=鳥取市国府町町屋の因幡万葉歴史館で、小野まなみ撮影

万葉衣装で散歩、古墳の石室複製

 「古代因幡と万葉文化にふれる異空間」。鳥取市国府町町屋の因幡万葉歴史館は、奈良時代の歌人・大伴家持(やかもち)に関する展示品など約160点が並び、因幡国(現鳥取県東部)を中心とした古代の人々の暮らしや文化、歴史が分かる施設だ。県内外から年間2万5000人が訪れる。今年は家持の生誕1300年とされ、さまざまな展示や行事を企画している。【小野まなみ】

 家持は758年に因幡国守として赴任。翌年には、国内最古の歌集・万葉集の最後を飾る歌を鳥取の地で詠ん…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです