日中首脳会談

安倍首相「新たな段階」 来月訪中で一致

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ウラジオストク(ロシア極東)小山由宇】安倍晋三首相は12日(日本時間同)、訪問先のウラジオストクで中国の習近平国家主席と約40分間会談した。日中平和友好条約の発効から40年にあたる10月23日に首相訪中を実現する方針で一致。北朝鮮の非核化に向け緊密に連携する方針も確認した。

 首相は会談後、記者団に「首脳の往来により新たな段階へと進みつつある両国の関係を新たな段階に押し上げ、北東アジアの平和と繁栄の礎を築き上げていきたい」と語った。

 首相は10月23日午後、北京に向け出発し、24日には条約締結40年の記念式典などにも出席する方向だ。9月20日の自民党総裁選で改めて総裁に選出されることが前提となる。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集